【脱陰キャラ記】得られるメリット⑥飲み会を楽しむことができる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク

おはようございます、つきくま(@TsukikumaK)です!

第6回目の今日は社交場の雰囲気を楽しめるようになること。

他人とのコミュニケーションが苦手だと初対面の人が多く集まったり、とにかく人が集まる飲み会などの社交場は苦痛でしかありません。

でも、こうした場所もなれると楽しくなるもんなんです。

つきくま
つきくま

というわけで、こうした場所を楽しむようになれる方法や僕が気づいたことを知ってもらえたらなと思います。

社交場を楽しめなかった理由

二十歳を過ぎてお酒が飲めるようになったばかりの頃、大学での飲み会に参加してみたことがありました。

この時にショックを受けたのを思い出します。

そこにはコールをかけられて気持ち悪そうにしながらビールを飲む先輩の姿や、ピッチャー(大量注文の酒を入れる容器)からお酒を喉に流し込む女性が目に入ったからです。

中には店で寝てしまっている人もいました。

そんな中で僕は絶対こんな人達みたいにはなれないと思っていたし、なりたくもなかった。

そんな衝撃的な映像が頭をよぎったこともありますが、何と言っても僕はそもそも人との会話が苦手だった。

目を見て話をするのが苦手な僕が酒で酔っぱらった人の長い話を真剣に聞くことなど苦痛以外の何物でもありませんでした。

更にお酒を飲むことを強要されることだって少なくありません。

こうした社交場の雰囲気のほとんどが僕の意に反するもので一杯だったから僕はどうしても好きになれなかったというわけです。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

確かに飲むことを強制されるような場所だとどうしても嫌だなと思ってしまいますよね

つきくま
つきくま

飲みたい人だけで勝手にやってくれよと思っていたな(笑)

つきくま
つきくま

でもそんな機会が増えてくると僕はある疑問を持ったんだ

陰キャネズミ
陰キャネズミ

どんな疑問ですか?

つきくま
つきくま

それが次!

楽しめないのには自分の気持ちが邪魔していた!?

飲み会の参加回数が増えてくると僕はこんなことを思いました。

どうしてみんなはこんなに楽しそうにしているのに僕は楽しめないんだろう?」と。

それをある飲み会の最中に先輩に聞いてみたんです。

いつも飲み会中はあまり自分から声をかけない僕が先輩に話しかけると意外にも真剣に話を聞いてくれました。

つきくま
つきくま

どうやったら先輩達みたいに飲み会を楽しめるようになるんですか?

うーん、つきくまはさ、飲み会を楽しもうとしてる?

つきくま
つきくま

え、楽しもうとですか?

なんでもそうだけど楽しもうとする気持ちを持ってるか持っていないかで楽しめるかどうかも決まってくると思うんだよね!

自然に楽しいと思えることはそのままでもいいけど、そうじゃないなら自分でどうやって楽しくしていくかを考えてみるといいよ!私も最初は好きじゃなかったし(笑)

この時に気づいたんです。

僕はこの状況を楽しもうとしていない。

自分で自分の気持ちにフタをしていた。

つきくま
つきくま

自分で参加することを決めているのに、楽しくないままではいたくない!と思っていたしね!

だから飲み会で自分が楽しいと思えるところはないかを探してみることにしました。

すると、こんな自分では知らなかったことを気づかせてくれた先輩と話をしてみたことで、楽しさを感じていることに気が付いたのです。

信頼できる人に相談してみる
自分で楽しいと思えるポイントを探す

そのまま先輩にお酒の飲み方なども教わるようになって徐々に雰囲気にも慣れたし、ゲームをするのも楽しむことができるようになりました。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

素敵な先輩ですね!

 

つきくま
つきくま

そうなんだよな!素敵な人たちに出会ったのも大きかった!

きっとこの人たちと出会っていなければ脱陰キャできてなかったかもしれないし(笑)

つきくま
つきくま

自分から積極的に絡んでいくようになったことで、先輩たちもたくさん絡んでくれるようになったんだ!

これまで自分から話しかけにいけていなかったことを後悔した瞬間でした。

 

 

今は人の話を聞くのが楽しくて仕方ない!

こうやって人の話を聞くことが楽しくなって僕はお酒も好きになりました。

お酒を飲んでいるときにしか聞けない話はたくさんあるし、その時にしかない会話もあるからです。

これが今どう役に立っているかというと、初対面の人とも楽しくお酒が飲めるようになったことです。

これが自然にできるようになって、社会にでて目上の人と飲む機会も増えました。

お陰でそういった人たちに好かれるようになったし、よりチャンスを得らえるようにもなっていると感じています。

これがいずれ更に大きなチャンスとなるかもしませんよね?

また、そういう受け身な状況にいるだけではなく、僕の方から積極的に誘うようにもなりました。

この人の経験や考えを知りたいと思えば自分からサシ飲みに誘いますし、気になる女性も今では、自分からどんどん誘えます。

話を聞きたい人は積極的に自ら誘うようにする

自分から誘うことで舞い込んでくるチャンスは2倍以上になります。(つきくま調べ)

この行動力を得られたのが今の僕を作り出したんだと思っています!

まとめ

いかがだったでしょうか?楽しいものだけがこの世の全てではないですよね。

そりゃ、やりたくないものだってたくさんあります。

それをいかに自分の考え方や心構えで楽しくするかを考えるというのはストレス社会の現在ではかなり重要なスキルになってくるんじゃないでしょうか。

また、今回の僕みたいに何かに悩んでいるときは信頼できる人に相談してみるのも自分の凝り固まった考えをほぐすのには手っ取り早い方法かもしれませんね!

自分だけで抱え込まないで、たまには人に頼ってみるのも処世術としては得策と言えると思います。

また話をしてみたい人は自分から誘うということを身に付けられると自分の知りたい情報をいち早く知ることができます。

人から誘われるのを待っていたら欲しい情報は一生得られないかもしれませんん。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

ここでも主体性というのは大事なことなんですね!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常脱陰キャラ
スポンサーリンク
シェアする
つきくまをフォローする
こんなところで終わらない。