【2019年最新!】早起きを習慣化するコツ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク

おはようございます、つきくま(@TsukikumaK)です!

健康志向の最近、早起きがいいと言われてきていますよね。

僕は朝型の人間なので、早起きは得意な方です。

朝早くに起きると、一日の時間を長く感じたり、生産性の高い仕事をこなすことができるといったメリットがあります。

そのお陰で自分のやりたいことや趣味にたくさんの時間を割くことができるようになります。

僕が試して効果あると思った最新の早起き習慣のコツを紹介していきます!

つきくま
つきくま

どうですか?早起きの習慣を身に付けたくなってきたんじゃないです?参考にしてやりたいこと全部やっちゃいましょう!

早起きに必要なのは?

そもそも早起きをするためには早く寝ることが重要になってきます。

睡眠時間を削って早く起きるのは、ただの無理、我慢になってしまうからです。

早く起きるためには必要な睡眠時間をズラすというイメージを持つのが適切。

6時間の睡眠が必要な人が時に起きたいと思ったら、遅くても11時には寝るようにsるのがベストなのです。

と言うわけで、意識的に早く寝るようにしましょう!

つきくま
つきくま

今回紹介する方法には早く良い睡眠に入るためのものも含まれるので、チェックしてみてください!

睡眠パターンを一定にする

早起きが得意ではない人に多いのが、睡眠パターンがバラバラというケース。

寝る時間も違えば、起きる時間も違う。

平日の睡眠時間が短いから、土日はお昼まで寝てしまう。

こうした睡眠習慣を続けているとなかなか早起きは定着しません。

僕も飲み会が多かった2年生の時はこの睡眠パターンは点でバラバラでした。

もちろん当時は早起きに有用性は感じていませんでしたし、する必要もなかったんです。

でも、これから社会人になるにあたって意識的に同じ時間に寝るようにしたら同じくらいの時間に起きることが苦にならなくなりました。

また、休日だけ長々と寝てしまうと、月曜にまた早く起きなければならない状況になったときがきついのです。

いわゆる睡眠負債です。これについては以前にも書いているので読んでみてください!

寝る時間はズレても、同じ時間に起きるように心がける。

よく眠れる環境を作る

朝早くに起きるのは良い睡眠がとれている方がしやすいですよね!

良質な睡眠をとるための環境づくりも大切です。

  • 部屋は真っ暗にする
  • スマホは1時間前にはやめる
  • 部屋を暖めすぎない

寝るときの明るさは真っ暗の方が睡眠の質が高いと科学的に結果が出ています。

なので、明かりをつけなくても寝られる人は真っ暗にしてみるのがオススメ

僕は遮光カーテンで外灯の明かりも入らないようにしたら格段に深い眠りにつけている実感があります。

 

今の人は、寝る直前までYouTubeを観てたり、LINEやTwitterで友人と楽しくやり取りをしていていざ寝ようとしたら寝られないという人も多いはず。

そんな人は今日から寝る前の1時間はスマホを見ないようにしていてください。

その代わりに本を読んだり、ストレッチをすることでリラックスして寝つきが良くなりますよ!

部屋を暖めすぎないこと
寝るのに適切な温度は16℃から20℃とされています。
冬は特に暖房の設定温度を高くしてしまいがちなので、そこに注意を払ってみるのがいいかもしれませんね。

僕は寝るときに服を着ないでベッドに入ります。

身体の表面温度が下がるので心地よい睡眠ができます。

つきくま
つきくま

あ、でも布団からはみ出すと風邪を引くので注意してくださいね!(笑)

スヌーズは絶対に使わない

皆さんの寝起きはどんな感じでしょうか?

 

陰キャネズミ
陰キャネズミ

僕はいつも眠くてあと10分zzzを3回くらい繰り返しちゃいます~

つきくま
つきくま

スヌーズを使って二度寝から覚めると、不快感が大きくなりますよね。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

そうなんです!どうにかならないんですかぁ?

 

つきくま
つきくま

寝起きの不快感なくすっきり起きるには一度目の目覚まし起きるのが一番いいのです!

 

 

はじめは厳しいかもしれませんがこれに慣れると、もう二度寝はできなくなりますよ!

起きるときだけ大変でも、起きてしまえば超スッキリ!

昼過ぎに刺激的なものを摂取しない

僕はコーヒー大好きでずっと飲んでいるんですが、ずっと寝れなくなるなんて嘘だと思っていました。

ところが2、3年前から寝つきが悪くなって長いときには2時間経っても寝られないことがありました。

まだこんな年で寝られないなんておかしいと思ったのでいろいろ生活を見直してみるとコーヒーを夜にも飲んでいたことが良くないのだと気が付いたのです。

コーヒーやエナジードリンクなどの刺激物はお昼過ぎ、遅くても3時以降は摂取しないようにした方がいいです。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

えー。エナジードリンクのあのガンガンキマっていく感じが好きなのに。。。

 

 

つきくま
つきくま

これは絶対です。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

。。。

 

 

夜に寝る時間たっぷりあるのにも関わらず、寝られない状況はかなり苦痛を感じることだからです。

この苦痛はもう感じることがなくなったので、コーヒーの飲みすぎはやめてよかったと思います。

刺激物は3時以降飲まないようにする

早起きする理由を明確にする

陰キャネズミ
陰キャネズミ

早起きするのに一番大事なことってなんだかわかったんですか?結局

つきくま
つきくま

急にふてくされてどうしたんだ(笑)

つきくま
つきくま

やっぱり、何で起きるのか具体的な理由を作ることかな!僕の場合はブログを書くことを日課にしてから起きやすくなったよ。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

起きる理由ってそんなに大事なの?どうして?

起きる理由、思い出してみてください。

 

小学生の頃、遠足の日って早く起きられた記憶ありませんか?

あれこそ、この明確な起きる理由なんです。

特に楽しいことほど楽に起きられます。

寝るときに次の日の楽しみを思い浮かべてみると自然に目が覚めるかもしれませんよ!

起きる理由に楽しいことを設定する

まとめ

いかがだったでしょうか

これらのコツをやれるものから試してみてください。

はじめから全部やろうとするとそれこそ無理をしてしまうことになるので、続かないかもしれません。

でも、1つくらいなら。。。と前向きにチャレンジできると思います!

早起きをすると本当に時間を長く感じます。ぜひ朝型人間を楽しんでください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康習慣
スポンサーリンク
シェアする
つきくまをフォローする
こんなところで終わらない。