【HARMとは? 】人の悩みを徹底解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク

おはようございます、つきくま(@TsukikumaK)です。

 

あなたは今、何に悩んでいますか?

恋人との関係がこじれている?

体の調子が悪い?

それとも借金?

 

人の悩みの90%はHARM(害)と呼ばれており、頭文字の4つの単語に分類できると言われています。ですが、僕は100%これに分類できると思っています。

例外が思いつきません!あったら教えてください。

悩みの分類HARMとは?

え、悩みって4種類しかないの?と思うかもしれません。しかし、それもよくよく考えてみるとどれかに当てはまっているはずです。

  • :Health 健康
  • :Ambition 野望、夢
  • :Relation 人間関係
  • :Money お金

その中でも多いのはRelation、人間関係。生まれた瞬間から必要なのは人との関係ですよね。生まれたその瞬間放っておかれたらそのまま命を落としてしまいますし、最期のときまでやれ「アイツはダメだ。」とか「コイツとは縁を切る。」だの言っています。

 

これは後ほど書くことにして、先に4つを紹介していきますっ!

Health

健康を維持できてこその人生ですよね。

 

その健康を害してしまうことに関して人が悩むのは当然のこと。健康を害していたら、金も地位も権力を持っていたって何の役にも立ちはしません。

 

あ、使うのに困るくらいお金は代わりに僕が使ってあげますよ?(笑)

 

また、健康には病気にかかってるのか否かという最低限の健康で悩む人もいれば、最大限の健康ともいえる美容で悩む人もいます。

深刻なのは当然、前者の方です。

 

健康を一度失うと取り戻すのは困難。これが大きな悩みになるのが分かりますね。

Ambition

続いて、野望、夢です。

 

人生は一度きりだ。ということを知らないおめでたい人をさておき、みな一度くらいは夢を見ることでしょう。

 

その夢を本気で叶えたいと思った時にも苦悩があるのです。

 

「起業して成功したいんだ!」「イケメンと結婚して一生幸せに過ごしたい!」と、そう簡単に皆が皆夢を叶えていたら秩序のない世界になってしまいそうですよね。

だからこそ悩みは尽きませんし、本気で叶えようとするのです。仕事やキャリアップなんかもここに含まれます。

Relation

つきくま
つきくま

4つの中で一番多いのは人間関係だなぁと思っています。

 

というのも、人は生まれた瞬間から死ぬ直前までいつにだって起こりえる悩みは人と関わりあわなければ生きていけない人間ならではのものだからです。

 

生まれた直後から両親に育ててもらわなければいけないし、学校に行けば同級生や先生とうまくやらなければならない。

仕事をしてても嫌いな人がいるかもしれないし、好きな人と仕事してたって何かしらのすれ違いがあります。

 

これは誰にとっても、永遠の課題ですね。

Money

お金が生み出された時代から、人間社会で生きていくのならお金も悩みの一因としてつきものですね。

もちろん貧乏で悩む人、借金で悩む人もいるでしょう。少ないから悩むのかと思えば、「ありすぎて困るんだ。」なんて、一般人には考えられないことで悩む人もいるんですよね。

 

余っているなら分けてくれればいいのに!神様は残酷なものですな(笑)

これらの悩みを少なくするには

4つに分けられることが分かったのなら、どうやったら悩みの少ない生き方ができるかが気になるはずです。

 

僕なりに考えた方法があるのでご紹介します。

 

それは意に反する選択肢を選ばない勇気をもつということです。

 

4つの悩みを感じるのはどれも自分の起きて欲しくないことが起きたことによってストレスを感じ、解決しようとするがために悩んでしまうのだと考えました。

つまり、深刻なストレスを生む行動選択を減らせることができれば、悩みも減らすことができるということです。

 

これまでに様々な人を見てきましたが、本当に幸せそうな人はほとんどストレスを感じておらず、自分の意のままに生きているように感じます。

 

例えば、瀬戸内寂聴さんはお酒とお肉が大好きだそうで、ご高齢にも関わらず毎日毎晩のように、酒肉を楽しむんだとか。飲まない人は自分の秘書などの仕事は務まらないのでクビにしてしまうそうです。

そして、「仕事である執筆活動も生涯現役として続けるつもり。」と話していました。よほど楽しく生きているんだなというのが伝わりました。

多くの人が悩む人間関係や仕事、そして健康に関わる少く生活に至るまですべてを楽しんでいるようでした。

 

しかし、今までずっとそうだったのかと言えばそうではないはずです。現在の悠々自適な生活は、これまでの人生においてしたくないこともきっちりした上でのもの。

若いときからそんなことをしていたのでは今の彼女はないことでしょう。

 

大事なのはやりたくないことをすべて排除するのではなく、我慢できないほどの大きな悩みを抱えそうな選択肢は選ばないということです。

 

決して、やりたいことだけをやるという意味ではありません。

つきくま
つきくま

僕はある程度の無理、苦難は選んだ方が成長につながると考えているので、多少は険しい道を選びます!

 

これを使いこなすにはその先に何があるのかを想像する、それをやらないのなら自分は今どうするのかというのを考えることが大切です。

まとめ

悩んでいる状態は人が弱っているときだと言えます。その弱みに付け込んで利用しようとする人もいます。

マルチ商法なんかでこれらを解決する商品を売るのがセオリーとなっているのも納得できますよね。

 

人は本気で悩めば悩むほど、大きなお金をつぎ込んでしまいます。最後に悩みを解決するのは結局、自分です。大きな決断が悩みにつながることもあるので、その際は一度立ち止まってよく考えると後々後悔することは減らせるのではないでしょうか。

 

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康考え方
スポンサーリンク
シェアする
つきくまをフォローする
こんなところで終わらない。