【脱陰キャラ記】得られるメリット⑨そもそも人生が楽しくなる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
考え方
スポンサーリンク

おはようございます、つきくま(@TsukikumaK)です!

タイトルにもありますが、今回9回目は”そもそも人生が楽しくなる”です。

陰キャの頃は親や先生、周りの友達に言われたことをこなしていました。

自分の意見や考えを実現させることができるなんて思いもしません。

だからこそ言いたいことが言える今はとても楽しいと胸を張って言えます。

今回はちょっと僕の人生観の話にはなってしまいますが、お付き合いいただければと思います!

つきくま
つきくま

脱陰キャラしたからこそ見える世界がありますよ!

生きている意味なんてないと思っていた高校時代

再三言っていますが僕は中高は陰キャラでした。

昔の話だからこそ、今では笑い話に出来ますが当時は本当に嫌で嫌で仕方なかったわけです。

親には「言いたいことはっきり言え」と言われ、言ったら言ったで否定される。

それでは自分の気持ちも言いたくもなくなるのは当たり前。

志望校について「先生なら受け止めてくれるだろ」と思い、話をしたらそんなところお前には無理だと言われることもありました。

友達?(ただ、つるんでいただけかもしれないけど)には振り回される日々。

いつ自分の人生を生きていると思えただろうかと考えてみても思いつきません。

つきくま
つきくま

テレビでもたまに見る”私なんか生きてる意味ない!”状態でした(笑)

流石にそのまま人生を辞めたいとまでは思わなかったものの、思ってしまっていたら今ここにいたかはわかりません。

でもそんな人生も捨てたもんじゃありませんでした。

数少ない本当の友人はいつでも僕を支えてくれましたし、そんな彼らといるときは自然に笑顔になれたのです。

こうやって一緒に笑い合える人がいるうちは投げ出すことはないのだなと気づいたわけです。

ある日その友人の内の一人が僕にこんなことを言いました。

つきくまはさ、何かやりたいことないの?

ほとんど自分の人生を生きていない僕にはあるはずもありませんでした。

何も答えられなかった。

その気づきが僕を行動へと駆り立てました。

これから行く大学では4年間という時間がある。

この4年間で必ず、自分のやりたいことを見つけよう。

そう思いました。

陰キャネズミ
陰キャネズミ

素敵な友人ですね!

 

つきくま
つきくま

本当にそう。彼とは今でも二人で会って飲んだりします。

当時よりもいい関係になっているよ!

結局、やるかやらないかそれだけの話

中高時代の僕は周りの環境のせいにして行動することから逃げていただけだったんです。

自分の外から出来ない理由を探しているうちは何も変わるはずがない。

だって本当に変わりたかったら、環境に関係なくもがくはずだから。

つまり、そもそも陰キャだった僕はいつも言い訳をしている弱い自分だっただけ。

  • 親がやめろと言う。
  • 先生が否定する。
  • 友達?にくっついて歩く。

周りの人の言葉はそれほど、自分の人生には影響しない。

特に成人を過ぎたあたりからは。

大事なのは

  1. 自分がやりたいことをやる。
  2. 何がやりたいことなのかを忘れないこと。

この2つを自分が分かっていたらあとは行動するだけ。

リンカーン大統領もこんなことを言っています。

意志あるところに道は拓ける

願っても叶わないことはあるかもしれないが、願わなければ叶わない。

という意味だと僕は解釈しています。

つまり、やろうとするか否かで後の結果は全く違うものになるということです。

僕はもっと自分を表現できる人になりたかった。

だからこそリアルでの行動を頑張ったし、今では自己表現の一環として執筆やTwitterでの発信をしています。

もちろんやりたいことはまだまだ沢山あります。

つきくま
つきくま

変化し続けるし、走りながら考えるので足をとめることはありません。

今感じるメリット

周りのせいにするのをやめて行動するようになってからはとても生きているのが楽しいです。

周囲の人からも「活き活きしてるね!」と言われるようになりました。

でも本当に脱陰キャラしてよかったのはそれが全てのメリットではありません。

最初はそんな風に言われる人になるのが目的で始めたのですが、今ではもっと先に目的があります。

それは変化し続けること。

生きていればやりたいことは常に変わっていきます。

今日やりたいと思っていることは明日やりたくないことかもしれません。

なので今の僕の行動の目的はやりたいことを実現させ続けること。

それに対して積極的になれたことが今感じる脱陰キャしたメリットの一つだというわけです。

そうやって自分のやりたいことに常に素直にいることで最期自分の人生に意味があったんだと実感することができるんじゃないのでしょうか。

まとめ

今はどの道が正解かなんて誰にも分かりません。

でも、どの道を選んでも後から正解だったと言えるような行動をしていけばそれが自然と正解になります。

だから周りの人の目なんか気にせずに行動してください。

僕は新卒で新社会人になりました。

世代的には受け身な人が多い代のようです。

ほとんどの人が気になることやわからないことがあっても質問もしない。

自分の意見を言うことを避ける。

毎日過去の自分を観ているようで嫌でした。

でも、それは他人のことなので僕は構いやしません。

その人なりの考え方があるのでしょう。

でも僕はもうそんな人生の歩み方には戻ることはありません。

自分の意志をもって道を拓きます。

ということで今回はちょっと生き方についての持論を展開してしまいましたが、いかがだったでしょうか。

中高生でこれを読んでいる人がいれば、ぜひ自分の人生は自分自身で決めていってほしいと思います。

つきくま
つきくま

何か困ったことがあればいつもでツイッターのDMに連絡くださいね!

それではまた次の記事でお会いしましょう。バイバイ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
考え方脱陰キャラ
スポンサーリンク
シェアする
つきくまをフォローする
こんなところで終わらない。